ベネット_top
書籍

養豚関連書籍
   養豚の教科書
   肥育農場のバイオ
 セキュリティと衛生管理
   エンジンブックシリーズ
 畜産版 5Sハンドブック
 ピッグシグナルズシリーズ
 豚病診断カラーアトラス
 現場の豚病対策
 PRRSコントロール事例集

具体的に農産物流通問題の解決法を提示するパワーブックシリーズ。直売所の販売促進を写真とイラストで解説する新シリーズ虎の巻ほか。
 パワーブックシリーズ
 ビッグマンシリーズ
 販促虎の巻
アロー  めざせ!一流の直売所
 さぁ始めよう!
 直売所の飲食施設
アロー  定年は80歳。
 直売所農業が地域を救う
コンサルティング
流通問題の解決なしに農業に未来はない。豊富な経験をもとに、直売所、産直、商品開発等の問題解決を支援します。
arrow  農産物直売所の
 コンサルティング
 6次産業化の支援
 全国直売所研究会
 直売所甲子園
青木隆夫プロフィール
セミナー
生産者の視点でわかりやすく直売所を始めとした流通の課題を解説。豊富な事例と経験に基づいた講演は全国で大好評。
arrow  セミナー例
 直売所の現状と今後の展開
arrow  セミナー例
 直売所の手づくりイベント
 講演実績
青木隆夫プロフィール
お問い合わせ
ご注文方法
リンク
 青木隆夫のブログ
[全国直売所研究会会員]
(株)みずほ
(有)清川ふるさと物産館
(農)伊賀の里モクモク
 手づくりファーム
(有)シュシュ
 星の郷青空市株式会社
(株)せいだ
 産直あぐり
 道の駅とわだ
(株)産直とわだ
(株)グリーブ
(農)農産物直売所
 ふれあい二戸
 あんしん村
 ながさき南部生産組合
(株)TTC
(有)氷川町まちづくり
 振興会
(株)長久手温泉
 紀ノ川農業協同組合
 農業生産法人
(有)伊豆沼農産
(株)坂東太郎
(株)イシグローイング
 くくむガーデン
(有)新しい村
 JAあいち経済連
 グリーン課
 グリーンセンター協議会
(株)松阪協働ファーム
 やっぱぁ〜岡垣
 雪だるま物産館
 手づくり百人協同組合
(株)アルプス
(株)びわこだいなか
 愛菜館
 農産物直売所ベレッシュ
(株)プラス
(財)シルクの里振興公社
 道の駅とよとみ
 道の駅からり直売所
 出荷者運営協議会
 ホクレンくるるの杜
(株)SKファーム
 ふれあいパーク八日市場
 道の駅たちばな立花町
 農産物等直売所
 協同組合田布施
 地域交流館
 直売所 百菜
(有)月夜野きのこ園
 三連水車の里あさくら
 道の駅あさじ
(有)あさじまち
 地域振興公社
 えるふ農国
arrow (株)俵山交流館 萌の里
 道の駅かまえ
 きらり蒲江館
(一財)愛の田園振興公社
 あいとう直売館
(株)ダイナック
arrow  さるびの温泉福祉
 事業組合
 南アルプス完熟農園
 小美玉市役所商工観光課
 東芝テック(株)
 システムソリューション
 事業本部
arrow (株)インプット
(株)寺岡精工リテイル
 事業部
 コスモ食品(株)
 ギノーみそ(株)
arrow (株)スズカ
 コーポレーション
 中村食品産業(株)
(株)イシダ
(株)ハイポネックス
 ジャパン
arrow (株)つくば分析センター
 データシステム(株)
(株)新盛
 インダストリーズ
 郷商事(株)
 サンデン(株)
 


コンサルティング
 
農作物直売所のコンサルティング

◆ 三方よしのビジネスモデルをめざす

農産物直売所は「生産者」「消費者」「地域」、三方よしのビジネスとして発展してきました。それを持続し発展させるには、三者が協働できる拠点と組織を創らなくてはなりません。

1.生産者よし
農業所得の向上が図れる/消費者ニーズをいちはやく生産に還元できる/ブランドが形成され付加価値が向上する/自由な販売方法により夢がふくらむ

2.消費者よし
新鮮な農産物が購入できる/生産者と交流し、互いの理解を促進する/食育を学ぶ場となる/買い物がより楽しくなる

3.地域よし
新しい雇用の場ができる/女性や高齢者の活躍の場を創出する/地域資源の利活用が進む/農・水・商・工の連携による商品開発が進む/新規就農者(定住者)の受け入れが容易になる/交流人口の増加により、地域の活性化が図れる/農業の発展により住環境の保全に役立つ



◆夢を実現するために〜新規プロジェクト

農産物直売所や道の駅を新しく整備する場合、適切な機能を持つ施設の計画立案から運営まで実践的な支援をいたします。

1.依頼(自治体のプロポーザルに参加することもあります。)
面談・現地での検討/コンサル計画の提案/意思決定・契約

2.基本構想の作成
組織(プロジェクトチーム・協議会)の運営/類似先進事例の調査/農産物・特産品・観光・伝統文化等地域資源の調査/商圏(競合施設・人口・交通量)の調査/事業方針の決定/6次産業化を実現する付属施設の検討/来客数、売上、出荷者数など量的要素の推定/全体規模の決定/基本設計図の制作/竣工までの事業スケジュールの作成/事業計画・経営計画書の作成等

3.地域農産物・特産品の生産体制整備
品目と出荷量の調査/出荷者の組織化(出荷組合の設立、会則、販売要綱等の作成)/人材育成プログラムの実施(産直塾、栽培研修、加工研修等)/生産計画・集荷計画の作成/仕入ポリシーの検討/商品開発等

4.店舗開発
店舗設計/売り場空間の演出/内装の指導/売り場レイアウト・家具・什器・備品等のチェック/店舗運営システム(POSレジ等)の開発/店舗スタッフおよび人材の確保等

5.外溝整備
緑地景観などの検討/駐車場の面積・駐車台数の決定/サイン・看板/安全性・利便性のチェック等

6.販売促進
CIデザイン(ロゴマークなど)/開業キャンペーン/年間イベント計画等

あぐりん村
あぐりん村(愛知県長久手市

JA邑楽館林農産物直売所ぽんぽこ
JA邑楽館林農産物直売所ぽんぽこ(群馬県館林市

伊豆/村の駅
伊豆・村の駅(静岡県三島市




◆既存施設のリニューアルと運営体制の見直し

≪直売所のリニューアル≫
夢を実現するためにはステージ(施設)の整備が欠かすことができません。ベネットは既存施設を、「組織」「施設」「経営」の面から検討し、運営者・生産者と共に改善を実行します。

とんとん市場
とんとん市場(新潟県新発田市)

びわこだいなか愛菜館
びわこだいなか愛菜館(滋賀県近江八幡市)

調布のやさい畑
調布のやさい畑(東京都調布市)

≪店舗点検と経営指導≫
「課題の解決は現場の行動から」をモットーにチェックリストとワークショップでより良い直売所作りを支援します。

 
参考「直売所のチェックポイント」ベネット刊より
 
 
1.生き方や思いを伝える
農産物直売所は新鮮な農産物の提供のほかに、都市住民との交流、農村の情報発信など地域の核としての役割がある。コンセプトを明確にし、市民に存在する意味を伝えよう。
わかりやすい言葉で発信している

2.地域の自然を売る
消費者は陳列台の上の農産物だけでなく、心を癒す農村の美しい風景も求めている。
自然(環境、景観)を生かしている

2.地域の自然を売る
消費者は陳列台の上の農産物だけでなく、心を癒す農村の美しい風景も求めている。
 
自然(環境、景観)を生かしている

3.施設のデザイン
デザインはコンセプトを形で表したものである。建物ばかりでなく駐車場、障害者用施設、トイレ、浄化槽、街路灯、案内看板などにも共通のデザインが必要である。
check
安全で使いやすく、機能的である

4.駐車場
お客様は週末だけステアリングを握る主婦である。安全でスムーズな進入と退場ができること。また、歩行者の安全と障害者への配慮も前提にある。
check
check
十分なスペースがある
進入路、場内にわかりやすいサインがある

5.入口は明るく、弱者への配慮
入口はお客さんを迎え入れる店の顔、カート、カゴを整然と並べる。広々とした通路、段差をなくすなどの気配りも大切。
check
check
買物カゴ/カートは十分な数がある
進入路、場内にわかりやすいサインがある

6.動線と商品の配置
旬の野菜は入り口近くに。ゴボウ、ジャガイモ、ニンジン、タマネギなどの必需品は奥に置く。
check
旬の野菜・果物が前面にある。食欲は赤、鮮度は緑

7.陳列台のサイズは女性が基準
陳列台は背の高さが155cmくらいの女性を想定する。1日で売り切るのが直売所の特徴だから、原則的には平台がよい。
check
見やすく、手に取りやすい

8.陳列台の下が汚い!
陳列台の下を覗いてみよう。置きっぱなしのコンテナを見かけたら要注意だ。
check
毎日掃除をしている

9.冷蔵ケースとクレンリネス(清潔)
冷蔵ケースで気をつけるのはセロテープの汚れや蛍光灯のホコリ。高価な商品が台無しだ。
check
価格の表示はプライスカードを使い、セロテープは使わない

10.レジの整理整頓
レジは買物をした全てのお客様が通る場所である。日の利き方を知らないチェッカーと汚らしいレジはお客様を不快にさせる。
check
備品は引出しの中に入れてある。メモをセロテープでレジに貼らない

11.店内の掲示物
イベントの案内、生産者情報の発信、安心宣言など店内の掲示物はお客様に買物情報を伝えるうえで効果的だ。
check
check
情報を伝える掲示板がある
きれいで見やすいPOP、プライスカードがある

12.生産者の顔が見える
生産者から直接商品を手渡される安心感がポイント。壁に会員の顔写真を貼る、生産物にも写真や農家からの説明がある、など一手間かけた工夫が必要。
check
顔写真の掲示がある

13.品揃えのよさ、選ぶ楽しさ
野菜の品種を増やすだけでなく、有機、減農薬など栽培方法で区別するのも品揃えの一環だ。買物の楽しさは選ぶ楽しさでもある。
check
check
量が豊富に、種類が豊富。新品種もある
ひとつの商品にいろいろな包装形態がある

14.加工食品
ヒット商品の開発は実に難しいが、ふるさとの味、地元の食材を生かした加工食品群は欠かすことができない。
check
check
欲しくなる手作り加工食品がある
JAS法表示が守られている

15.米/玄米
日本人の主食は「米」。地域の特性を生かした米のほかにもち米、はざ掛米、アイガモ米などを提案する。
check
品種が豊富で栽培方法にこだわりがある

16.畜産物/水産物も食卓の必需品
台所を考えた時、食肉、鮮魚、こだわりのハムソーセージは欠かすことの出来ない。
check
こだわり畜水産加工品がある

17.切花売場/苗売場
農家の作る切花、花苗、植本、野菜苗などは直売所の魅力の一つ。特に切花は農家から直接運べば野菜以上に鮮度に差がつく。
check
新鮮で長持ちのしそうなものが置いてある

18.商品の管理/鮮度/規格
市場での規格に従う必要はないが台所で使いやすいサイズ、料理に合った品揃え、食べて美味しい大きさ、買う人・使う人の立場で商品づくりを考える。
check
量目・品質など荷姿が揃っている。

19.仕入れ品の管理
端境期に野菜を仕入れるケースもある。大切なのは売場やPOP でキチンと区別すること。
check
地元野菜と仕入れ野菜と区別が明確である

20.服装に注意
だらしない店員の服装がだらしない店を作る。悪い印象だけでなく売上の低迷、万引きや内部の不祥事を起こす原因となる。
check
check
そろいの制服(エプロン)、名札がある
みだしなみが良い

21.節度ある業務態度
従業員が常に来客に注意をはらい、適度な緊張感の保てている状態。
check
check
明るい挨拶ができる
来客へのアイコンタクトを怠らない

22.技術向上の努力
技術は進歩しつづける。品揃えを増やすためには、組織としての具体的なアクションが必要である。
check
定期研修会の開催がある

23.女性の活動
きめこまかな商品づくり、世代を越えた交流が食文化の伝承に役立つ。
check
女性の活躍の様子が商品を通じで見える

24.宣伝広告/サイン
ロゴマークやコンセプトカラーを決め、目立つ看板を作る。道を車で走るお客様に間違えず早くご到着いただき、たくさん買っていただく。
check
check
ロゴ・デザインがある
パンフレットを作っている

25.トイレの清潔さ
特に女性のトイレは清潔感と手洗いの鏡までの配慮が大切。灰皿、汚物入れ、ゴミ箱の定期的清掃、管理責任者も決める。
check
掃除が行き届き、清潔にしてある
 
   


6次産業の支援

原料生産から加工、そして販売まで。長い経験とネットワークで実践的な支援をします。
⇒ 原料生産から加工品製造、そして食卓までの完全一貫経営が6次産業化には求められます。ベネットは、農業生産から販路開拓まで、生産者だけでは難しい課題解決を長い経験とネットワークで実践的に支援します。


ノーベル ノーベル
ノーベル(福島県泉崎村)



全国直売所研究会

全国直売所研究会は2005年3月に「農産物直売所の勉強会」として設立しました。
なぜ、このような勉強会が必要になったのかは、安穏としてはいられない先行きからです。農産物直売所は消費者の期待と支持がありながらも、生産者の高齢化、農作物の安売り合戦、農産物直売所間の過当競争などの現象が委託販売契約で成り立っている経営に内包されているからです。
さらにこの問題を放置しておくことで地域づくり、環境問題の解決、農家所得の向上、高齢化社会への対応、そして日本農業の発展という「めざすべき方向を見失う危険性もある」からです。
この会は直売所に共通する課題をお互いの経験と知恵を出し合い解決し、直売所を通した農業の発展と農家の夢の実現を図るためにあります。

全国直売所研究会ホームページ


直売所甲子園

直売所甲子園は2年に一度開催され、1次審査、2次審査、決勝大会を経て直売所日本一(農林水産大臣賞、副賞100万円)を決めるイベントです。ベネットは全国直売所研究会事務局として総合プロデュースしています。

直売所甲子園
直売所甲子園2013 決勝大会・全国直売所研究会

 
  ベネット_top